FC2ブログ

プロフィール

高沢英子

Author:高沢英子
FC2ブログへようこそ!
 伊賀上野出身
 京都大学文学部フランス文学科卒業

 メイの会(本を読む会)代表。
 元「VIKING]「白描」詩誌「鳥」同人

著書:「アムゼルの啼く街」(1985年 芸立出版) 
「京の路地を歩く」 (2009年 未知谷)
   「審判の森」    (2015年 未知谷)     

共著: 韓日会話教本「金氏一家の日本旅行」(2007年韓国学士院)
 現在メールマガジン「オルタ」にエッセーなど寄稿。

 

東京都 千代田区在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


無象風景

<strong><span style=”font-size:x-large;”>おおきいもじ</sp九月三日、東京ではようやく暑さがやわらいできたような朝ですが、沖縄や九州地方で、また考えられないほど大型の台風が襲ってきているという話、北九州にお住いのお友達の広瀬尚子さん、長崎に住んでいる姪の娘の家族など、今どうしてるかしら、と思いながらニュースを聞いています。
 昨夜はなかなか眠られず、明け方にぐっすり眠ったらしく、目が覚めたのは七時過ぎだったのには驚きました。 スマホの目覚ましは、五時十分と、二十分にお知らせ設定にしているのですが、まったく目が覚めませんでした。ここ二,三日余りの残暑で寝不足気味だったのかも…。
 木曜日は、マンションのゴミ出しの日で(ドアの前に置いておくと片付けてくれるのがありがたいです)洗顔、着替え、ベランダのドアを開けて植木?に水やり、時々思いつく体重測定、(また三一・五㌔に後戻りでがっかり)いつものメニュウの朝ごはん準備と食事のあと、ゴミをまとめをて外に出し、NHKラジオを聴きながら、すべてのスケジュールを終えて時計を見ると九時。まったくスローライフで、予定はいつも潰れています。
 でも、かけっぱなしのラジオで今朝はいろいろ収穫がありました。今は珍しい活弁のスター、山崎バニラさんのドラエモンの妹の喋りなど楽しく聞き、小津安次郎監督の「大学は出たけれど」の語りを聞いて、まさに私の父の世代、昭和4年、我が家にあった岡本一平の現代世相漫画というハードカバーの本のなかに、若い男が大学の卒業証書を地面に叩きつけて「こんなものが何の役に立つ!」と蹴飛ばしている漫画があったのを思い出しました。!そのほかにもいろいろ。子供時代のわたしの愛読書でした。
、プロでユーサーガンマさんの相談タイムで、思いがけず、吉田拓郎の「ガンバラナイケド、イイデショウ」という歌を聞き、ほっとしたと思うと、今度は日本の子供の世界的ランキングで、37位というニュー―スになんとなく頷いて、健康は1位なのに、幸福度37位という落差に衝撃を受け、知的には上位だが、適応力に劣り、についてはさもあらんと憂い、 最後に一番の収穫は哲学者西田哲郎先生の「大震災後に思う」というアララギ誌上のエッセが朗読されたことでした。れたことでした。西田幾多郎博士は私が京都大学へ入学の前に退官され、大学の近くには博士が毎日散歩されたという「哲学の道」がありました。1911年発刊された『善の研究』今回あらためて読み直してみたいと思います。1950年頃の戦後の社会で、あらためて大学生たちが争って買い求めていた本です。

無象風景

処暑、二十四節気の14番目になります。、立秋から2週間後くらいあと、ということですから、残暑もそろそろ終わりを告げるころ、という意味でしょうか。昨日は朝から雨で、午後には上がりましたが、一日家の中でごろごろしていて、夕方太陽がビルの蔭に落ちるころあいを見はからって散歩にでました。
 いつもの十思公園です。裏手の方に、小さな門があってそこから入る細い通路があり通路の脇には草花の茂みがあり、なんの花でしょうか、濃い紫の美しい小花をびっしりつけた蔓草をみつけ、そっと一枝折りとってバッグにいれました。あとで写生をするつもりです。5弁の花びらをつけた直径 1センチにも満たない小花ですが、一茎に10個ほど密集して付いているのです。しかもそれぞれが長-い子房でくきに繋がっています。葉は薄く柔かく、ふちのところはギザギザになっています。東京の町中を歩いていると
街路樹のまわりやビルのまわりのスペース、建築現場の片すみなど至るところに草花や、名の知らない樹木が生い立っていて四季折々に花を咲かせたり、実、をつけたり、思わず立ち止まってしみじみ見とれてしまいます。スマホのカメラで撮るだけだは物足りなくなり、近ごろは、思い立って差支えなさそうなケースの場合、そっと折り取ってあらかじめ持参したビニール袋などに入れて帰り写生をしたりもしていますかねてから敬愛する詩人で医学者木下杢太郎博士は、晩年昭和18年から20年の死の直前まで花の写生をつづけられ872枚の水彩画を残されました。学生時代からこのかたの本はいろいろ持っていて、現在手もとに持っているのは岩波文庫の百花譜百選だけですが、繰り返しあかず披いてみては、そのすばらしさにはとても及びもつかないと嘆息しつつ眺めています。

日曜日で子供連れの家族が2組ほど。桜の古木が何本もあって鬱蒼とした園内は、ビルのあわいということもあり陽射しは殆ど届かず、風が吹き通り、親たちはベンチでr寛ぎ、子供たちは木陰を走りまわっていました。今日は珍しくアブラゼミが啼いていました。
 公園の前の通りはは、ほどほどの広さで、地下鉄日比谷線の小伝馬町駅に通じるエレベーターがあります。朝晩のラッシュ時以外は、ほとんど人とおりもなく、車もめったに通りませんが、「時の鐘通り」という曰くありげな呼び名で、片隅に、吉田松陰の事績がびっつしり書かれた表示板が掲げられています。
 時の鐘とは公園内に保管されている鐘のことで、江戸時代,このあたりから本所日本橋界隈迄、ひとびとに時を告げていた鐘で、当時このあたりにすむひとびとは鐘tつき役のひとには一戸当たり1文づつ鐘付き料を払っていたそうです。づつそのまま昭和通りにて

無象風景

今日書いた記事を今一度確認して愕然としました。前半部分が全部消えているのです。大きい文字がっかりしています。
 処暑も近く、今日は少し気温も低めで、久しぶりに近所を散歩して、暑さのなかにも、秋の訪れを感じさせるエノコロ草やスズメノヒエなどが街路樹のまわりに細々と生えているのを見つけ、遠い子供のころの思い出や、イエスの言葉を胸に浮かぶままに書きつけたりし、今日の写生はこの猫じゃらしをなんて考えていましたのに、全部消えているのです。読んで下さった方にはとんちんかんですが、今日はこれで終わりにしようと思います。もうすこし、きちんとスキルを身につけなければだめですね。、
 

無象風景

まさに真実ではありますが、人類の長い歴史をみても、人間はなかなかこの言葉を真理と思いつつも体得できず、私などもいつもくだらないことに、わくわくそわわしてきたような気がします。ありません。

無床風景

大きい文字先日道端で水引草を見つけました。そっと摘み取って写生してみました。都会の片隅でちょくちょく見かけるけなげな草花をこれからも写生してみたいと思っているところです。出来れば一日一枚なんて…
img20200817_12451865.jpg


     

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»