プロフィール

高沢英子

Author:高沢英子
FC2ブログへようこそ!
 
日本民主主義文学界会員。メイ・サートンの会代表。詩誌「鳥」同人。メールマガジンオルタ同人。

著書:「アムゼルの啼く街」芸立出版「京の路地を歩く」未知谷
 
俳句雑誌「芭蕉伊賀」、メールマガジン「オルタ」「民主文学」「婦民新聞」などに寄稿。

現在、難病の娘の家事手伝いと孫息子の育児支援中。 

東京都大田区在住。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


十二月六日
 秋の読書会は九月二十四日から始めました。出席者は吉川佐知子、沖森佐紀子、高橋和子、鏡政子、高沢英子の5名でした。会場は久が原の多目的室で、残暑はまだ厳しく、大きく取られた広い窓からは、庭の緑がまぶしく輝いている午後のひと時、アメリカのニューハンプシャー州ネルソンの30エーカーの敷地に立つ古い家で独り過ごす詩人メイ・サートンの日記は2月8日、長い冬がようやく去りつつある晴れた日、久しぶりに友を迎え、暖炉の傍でのお茶のあと、野の散歩に心弾ませる記述から始まりました。シジュウカラが春の歌を歌い、丘を見晴るかす広い農場では、牧羊犬に守られた羊たちや猫たちが2人を迎えます。
 夜に入ると、また1転して戸外は雪嵐。一夜明けて、詩人は「外出しなくてもよいありがたさ、考え、存在するための一日が、そっくりあるのだもの」とペンを置くのです。
 嵐の数夜が明けて2月9日は、外は銀色に氷化した樹々と、四月の空と、雲の裂け目から輝く日光。これは私の心象風景とそっくり、と呟く詩人。鸚鵡のパンチと野良猫と、シューベルトの即興曲。独りで居る事のかずかずの内省と、そこから作り上げる創造、生きる事の意味を問い続けながら日々を過ごし春を待つ。
 13日、部屋中春の花にかこまれたバレンタインの日。ユングの光と闇の意識について2つの文章を引用して終わる。次回十月八日を予定。、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://piccalda.blog51.fc2.com/tb.php/61-6eaa3eb2

 | ホーム |