プロフィール

高沢英子

Author:高沢英子
FC2ブログへようこそ!
 
日本民主主義文学界会員。メイ・サートンの会代表。詩誌「鳥」同人。メールマガジンオルタ同人。

著書:「アムゼルの啼く街」芸立出版「京の路地を歩く」未知谷
 
俳句雑誌「芭蕉伊賀」、メールマガジン「オルタ」「民主文学」「婦民新聞」などに寄稿。

現在、難病の娘の家事手伝いと孫息子の育児支援中。 

東京都大田区在住。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九月二十九日
 多摩河原の葦の穂が秋風になびき、草叢に蟲の音のすだく季節が、この年は突然戻ってきた。再びメイ・サートンの日記「回復まで」を読む。1978年のクリスマスにはじめられたこの日記は、三冊目。愛する女友達ジュディの老耄という悲しい現実に直面する辛い叙述で始まる。
 サートン66歳、ジュディ81歳?。ジュディは既に七年前から、老人ホームに住んでいるが、クリスマスをともに過ごそうと、サートンは迎えに行く。しかし、結果は?家族同然に慈しみあった友は、いまや「坂を転げるように衰えて」ゆき、「いっつしょにいても何の意味もない遠くへ去ってしまったことを悟らされる」・・・。
 
 サートンは翌年六月には、乳がんのため、全摘手術を受けている。「回復まで」という表題が、当然のことながら、肉体的な意味ばかりではないことを、時に応じ、深く感応しつつ読みすすめていきたい。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://piccalda.blog51.fc2.com/tb.php/27-63791c57

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。